エアキング 修理

エアキングの修理・オーバーホールができる専門業者まとめ

MENU

エアキングを修理したい方へ

どの時計でもメンテナンスや修理というものは必要となってきます。
ロレックスのエアキングは入門モデルともいわれ
持っている方も多いのではないでしょうか。

 

基本的には4年に一度はメンテナンスが必要となっています。
しかしメンテナンスや修理にはお金をかけたくないものです。

 

今の時計の状態や
どこにお願いするかなどで料金は大きく違ってきます。

 

お願いする店と言えば大きくは3つに分けられ
メーカー公式店、販売(購入)店、メーカー以外の一般修理業者となります。
メーカーの公式修理業者は純正のパーツや機器があるため
ロレックス公認ではあるが費用は一番かかります。

 

費用を一番安く抑えるのであればメーカーとは関係のない
一般の修理業者でしょう。

 

大きな修理でないのであれば一番抑えることが利点です。
定期的に行うオーバーホールであれば費用は格段に抑えることが出来ます。
また購入店ではたくさんのキャンペーンや購入特典がありますので
その際に購入していれば利用できるかもしれません。

 

⇒ 一流の技術でエアキングを修理!時計修理の「千年堂」の詳細はこちらから

エアキング修理費用相場

ロレックスエアキングの修理費用相場を確認しましょう。
まず、エアキングのオーバーホールの際は純正パーツ修理などを
含めるとかなり高額な金額となります。
新品仕上げや研磨なども高度な技術が必要です。

 

ロレックスエアキングは1940年に誕生したと言われています。
メンズ時計ブランドモデルとして作られ
原点のデザインを守りながら進化し続けている時計です。

 

修理が必要となると、純正パーツはもう手に入らない部品などもあります。
そこで、あくまで修理費用相場に関しては変動差が激しいということを
理解しておいてください。

 

【ロレックス修理費用相場】
手巻き       :メーカー「4万3千円」 時計修理業者「2万5千円」
自動カレンダー無  :メーカー「4万3千円」 時計修理業者「3万円」
自動カレンダー有  :メーカー「4万4千円」 時計修理業者「3万円」
デイデイト      :メーカー「5万5千円」 時計修理業者「3万5千円」
デイトナ       :メーカー「6万円」   時計修理業者「4万円」

エアキング修理おすすめ店

【エアキング修理・オーバーホール可能な時計修理業者】
・カナルクラブ
・ドクターウォッチ
・千年堂
・時計修理工房白金堂
・ハナワ時計店
・スリータイム
・大樹
・ヒラノウォッチ
・アクアタイム
・タムタイム
・クラフトシップ

 

他にも様々な業者が、ロレックスエアキング修理・オーバーホール可能となっています。
私がご紹介した業者は一部です。
料金や修理内容、どういったサービスを行っているかも
それぞれ時計修理業者によって異なります。

 

オーバーホール料金に関しては明確に掲示しているところがおすすめです。
あやふやな料金設定で行っているところでは当然修理費用も
高額請求されてしまう可能性が高いと考えて下さい。

 

また、営業年数や修理をしてくれる技師がどのくらいいるのかを確認し
その業者の評判や口コミをもとに判断しましょう。

 

特に意識してほしいのは、修理後の保証年月についてです。
半年しか保証がついていないところもあれば、1年の保証がついているところも。
1年の保証でも短いくらいなので、アフターサービスが
充実している時計修理業者がおすすめです。

 

⇒ 一流の技術でエアキングを修理!時計修理の「千年堂」の詳細はこちらから

 

【関連情報:ロレックスの修理について】
エアキングのような大切な時計を長く愛用するなら、定期的にロレックス修理の専門店でメンテナンスするのがおすすめです!